臨床研修病院のご案内と学生・研修医の皆様へのご案内です。

臨床研修病院のご案内/学生・研修医の皆様へ|滋賀県病院協会

臨床研修病院のご案内/学生・研修医の皆様へ|滋賀県病院協会



ホーム > 臨床研修病院のご案内/学生・研修医の皆様へ

臨床研修病院のご案内/学生・研修医の皆様へ

新着情報

医学生対象
“湖上と現場で考える『地域医療フォーラム2018』”開催のお知らせ
https://career.m3.com/kenshunavi/know-how/activities/shiga

大阪・京都へのアクセスが良く、地域医療、プライマリ・ケアを学ぶのに最適な滋賀県。
その滋賀県ではどのような医療が実践され、どのような臨床研修病院が存在し、現役研修医は何故、研修のフィールドを滋賀県にしたのか−。そんな疑問や滋賀県の魅力を2日間で体感できるイベント、湖上と現場で考える「滋賀県地域医療フォーラム2018」を、今年も滋賀県のシンボルである琵琶湖畔にて、3月18日(日)・19日(月)に開催します。


1日目(3/18)は、①滋賀県の地域包括ケアシステム構築に尽力された、米原市地域包括医療福祉センター「ふくしあ」センター長、中村泰之先生によるファシリテートでスタート、②県内臨床研修病院13病院のプレゼン及びブース説明会の後、③クルーズ船「ミシガン」を貸し切り、ミシガン自慢の料理と共に現役研修医と直接話ができる懇親会で構成。

2日目(3/19)は、①県内臨床研修病院13病院のうち4〜5病院をダイジェストでまわる3ルートをご用意。
もちろん、1日のみの参加も可能です。


◇お申込みはこちらから
https://krs.bz/m3career/m?f=1206&e_16573

臨床研修病院のご案内

滋賀県では、県内の臨床研修病院を紹介するパンフレットを毎年度発行しております。
滋賀県では、県内の臨床研修病院を紹介するパンフレットを毎年度発行しております。 パンフレット内容については、「滋賀県医師キャリアサポートセンター」のホームページ内の「滋賀県臨床研修病院紹介パンフレット」のページからダウンロードして頂きますようお願いいたします。
http://www.pref.shiga.lg.jp/e/lakadia/ishikakuho/center_top.html
(年1度更新されておりますので、年度については必ずご確認ください)
現在、求職中などで病院をお探しの医師の方は滋賀ドクターBANKページにてご確認ください。

臨床研修支援制度

滋賀での医師臨床研修
あなたのキャリアアップをサポートします。 Adobe PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。

「滋賀レジデント(専修医)育成病院連携プログラム」のご案内

滋賀レジデント(専修医)育成病院連携プログラム。滋賀県内の病院が連携して、レジデント(専修医)の皆様の幅広い専門的知識・技能の修得を支援します。

滋賀レジデント(専修医)育成病院連携プログラムとは?

レジデント(後期研修医、専修医)の皆さんが、より幅広い専門的な知識や技能を修得できるようサポートすることを目的に、これまで各病院が個別に行ってきたレジデント研修について、滋賀県内の病院が連携して、それぞれが得意とする分野での院外短期研修が効果的に実施できるよう取り組むものです。

(特色)

  • レジデントが所属する病院に籍を置いたまま、県内の連携プログラム参加病院において短期研修(3箇月〜6箇月)を受けることができます。
  • 指導医等の指導のもとに、各人の技能や希望に応じて、レジデントの所属病院で経験できない分野での研修が可能になります。
  • 院外研修期間中も、身分や給料などが保障されます。

連携プログラム参加病院一覧

連携プログラム参加病院一覧はこちら
(AdobePDFファイル:約107KB)

Q&A

1 連携プログラムは、レジデントにとってどのようなメリットがありますか。
1 この事業は、これまで、各病院が個別に行ってきたレジデント研修について、その研修期間中に、県内病院間でのレジデントの短期の院外研修が円滑に実施できるよう、派遣や受入についての制度(大枠)を構築することを目的としています。
連携プログラムは、この事業に参加する病院が実施することになっており、詳細は各病院や診療科によって異なりますが、レジデントの皆様にとっては、
  1. 1. より幅広い専門的知識や技能の修得につながる。
  2. 2. 日常とは異なった指導医、施設の下で、新たな体験やリフレッシュの機会が持てる。
  3. 3. これまでの研修を見つめなおし、足りなかった部分を自己点検できる機会となりうる。
  4. 4. 院外研修期間中も、レジデントの所属する病院の身分が保障され、給料が支給される。
などのメリットがあります。(詳細は各病院にご確認ください。)
2 このプログラムを希望するには、どのような手続きが必要ですか。
2 連携プログラムは、この事業に参加する病院が実施することになっており、詳細は各病院や診療科によって異なりますので、「連携プログラム参加病院一覧はこちら」を検索して、参加病院のホームページを開いていただくか、電話、ファックス等により、担当者にお問い合わせ下さい。
3 院外研修期間中の身分や待遇はどうなりますか。
3 院外研修期間中も、レジデントが所属している病院の身分を有することとしています。 給与については、原則として所属病院が負担することとしていますが、院外研修期間が 3箇月を超える場合は、所属病院と研修先病院が協議して決めることとしています。
4 院外研修先や研修時期は、レジデントが希望できますか。
4 レジデントの院外研修にあたっては、担当の指導医等が、あなたの希望をお聞きした上 で、あなたの技量、研修の深度等を見極め、研修先や実施時期、派遣期間等を含めた院外 研修の実施を判断することになります。
したがって、あなたの希望どおりにならない場合もありますことをご了承下さい。
5 レジデントは、この連携プログラムによる院外研修に必ず参加しなくてはいけませんか。
5 院外研修は、レジデントからの希望を原則としています。また、病院によっては、この連携プログラムによる院外研修とは別に、独自の研修制度を設けているところもありますので、担当の指導医等にご相談ください。
6 院外研修に当たって、試験などはありますか。
6 試験を実施することはありませんが、研修先病院・診療科によっては、あらかじめ面接等を行うことがあります。
7 このプログラムで、県外の病院での院外研修はできますか。
7 当事業は滋賀県内の病院間における制度です。したがって、このプログラムで県外の病院での院外研修はできませんが、病院によっては、独自の研修制度を設けているところもありますので、担当の指導医等にご相談ください。

そのほか、詳細については、各病院のホームページまたは、採用担当様へお問い合わせください。
※滋賀県病院協会では、応募受付などは行っておりません。ご了承ください。