会長ごあいさつ・役員一覧・事業計画・収支予算・収支決算のご案内です。

会長ごあいさつ・役員一覧・事業計画・収支予算・収支決算|滋賀県病院協会

会長ごあいさつ・役員一覧・収支決算・事業計画|滋賀県病院協会



ホーム > 会長ごあいさつ・役員一覧・事業計画・収支予算・収支決算

会長ごあいさつ・役員一覧・事業計画・収支予算・収支決算

会長ごあいさつ

kkataoka 2015.JPG

一般社団法人滋賀県病院協会       会長 片岡 慶正

 滋賀県病院協会は昭和25年3月の創立以来、「病院における近代的医療の推進を図るとともに病院の適正な運営ならびに経営の改善に資する事業を推進し、社会福祉の増進に寄与すること」を目指して活動してきました。
 滋賀県内すべての病院(現在57病院)を会員として、各医療圏代表の病院長による理事会、事務長部会ならびに看護部長部会において、定期的な研修会、講習会などを通じて情報共有と人材育成に研鑽を重ね、「医療の質」と「経営の質」を担保すべく努めております。 とくに、医療安全対策や感染対策など医療の質向上に関する取り組みについては、常に最重要課題として多職種連携とともに県内医療機関の連帯感ある連携強化に注力しています。また、若手医師確保や女性医師支援事業を推進する中で、 県内病院が一致団結して“滋賀県のすばらしさ”を前面に出したアピールにも努めています。
 昨年度は全国一の長寿県として滋賀県が大きくクローズアップされました。また、新たな臨床研修医も県下3年連続100名越えでスタートしました。明るい未来に向かって、当協会は、今後も継続して滋賀県行政、滋賀県医師会、滋賀医科大学その他関連関係団体との緊密な連携の下、 難しい局面にありますが、働き方改革、人材確保、効率的な人材活用、さらには医療勤務環境改善を支援しながら、地域医療構想の実現に向けて県下会員病院が協働して、適切な医療提供体制のさらなる充実を図ってまいります。
  「医療なしにヒトは住み続けられない」―わが国は今まさに人口減少社会、超高齢社会に突入していますが、「だれもが輝ける健やかな滋賀の実現」に向けて、「この医療があるから生き続けられる」、「この病院があるから生き続けられる」、「この病院にかかって私は何と幸せなのか」と思っていただけるような医療本来のあるべき姿を目指したいものです。
 歴史的、文化的、地勢的、そして豊かな人間力に恵まれた滋賀のすばらしさを維持・発展できるよう、その役割の一翼をしっかりと果たしてまいりたく存じます。
 今後も、 “県民の皆さんが安心して心豊かに享受できる医療環境づくり”に努めてまいりますので、当協会の会員の皆様はもとより、 関係各位の皆様には倍旧のご理解ご支援を賜りますように、よろしくお願い申し上げます。

                                     (平成30年6月1日)



▲pagetop

役員一覧

(役員期間 自:平成30年5月29日〜至:平成32年5月総会時まで) (平成30年5月29日現在)
役職名 所 属 氏 名
会 長 地方独立行政法人市立大津市民病院長 片岡 慶正
副 会 長 大津赤十字病院長 石川 浩三
公立甲賀病院長 清水 和也
理 事 公益財団法人近江兄弟社ヴォーリズ記念病院長 周防 正史
医療法人社団昴会日野記念病院長 花澤 一芳
公益財団法人青樹会滋賀八幡病院長 由利 和雄
医療法人明和会琵琶湖病院長 石田 展弥
公益財団法人豊郷病院長 蔦本 尚慶
彦根市立病院長 金子 肋
一般社団法人水口病院長 青木 治亮
近江八幡市立総合医療センター病院長 宮下 浩明
社会医療法人誠光会草津総合病院長 平野 正満
医療法人友仁会友仁山崎病院長 盒供_躬
社会福祉法人恩賜財団滋賀県済生会済生会滋賀県病院長 三木 恒治
滋賀医科大学医学部附属病院長 松末 吉隆
独立行政法人地域医療機能推進機構滋賀病院長 来見 良誠
市立長浜病院長 神田 雄史
独立行政法人国立病院機構東近江総合医療センター病院長 井上 修平
社会福祉法人青祥会セフィロト病院長 松岡 俊樹
滋賀県立総合病院長 一山  智
監 事

高島市民病院長

鈴木  聡
長浜赤十字病院長 楠井  
税理士法人 横井会計(外部監事) 横井 昭次

以 上( 敬称略)

 

 

▲pagetop

事業計画

平成30年度の滋賀県病院協会 事業計画についてご紹介いたします。
Adobe PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。

収支予算


Adobe PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。

収支決算

Adobe PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。